底地

底地についてのわかりやすい特徴とお互いのメリットデメリット

底地について簡単な説明

家

底地という言葉を聞いたことがあるでしょうか?底地とは借地権付きの土地の所有権、つまり、土地は自分のものですが、そこに建っている建物は別の人のものであるということです。ある人が土地を所有したとします。するとその土地の完全所有権が手に入ります。完全所有権とは土地を所有する権利と利用する権利のことです。しかし、その土地を別の人に貸し、その人がそこに建物を建てた場合、完全所有権の中から土地利用権を一時的に失った状態になります。
残るのは土地所有権と地代徴収権(土地代を受け取る権利)となり、これを「底地権」と呼ぶのです。完全所有権者から土地を借りて建物を建てた人物は借地権を獲得し、地代を払うことでその土地を自由に利用できるようになるわけです。実はこの「底地」には気になる難点もあります。1つの土地で所有者と利用者が異なるため、どうしても権利関係が複雑になってしまいます。
それがその土地を活用するにあたって不自由を強いられることも多くなり、せっかく高いお金を払って土地を購入したのに、資産価値が低いとみなされてしまうのです。とは言え、地代による収入に期待したり、投資のために底地を所有する人は後を絶ちません。

底地のメリット・デメリット

底地というものをご存知ですか?底地とは土地の所有者と使用者が違う土地のことです。つまり、土地の所有者はその土地を貸し出して建物を建ててもらい、その土地の使用料を賃料として頂く制度です。この底地には貸す方とかしてもらう方と双方にメリット、デメリットがあります。
【貸す方のメリット、デメリット】メリットとしては賃料として毎月決まった収入が得られることです。また建物は他のかたの名義なので、建物の修繕や管理に費用がかからないこともあります。また不要になったら売却できるところもポイントです。
【貸す方のデメリット】デメリットは賃料が低く、家計の足しになりにくいことです。また、権利がついているのですぐに売却することはできません。
【借りる方のメリット】借りる側のメリットは、土地は自分の所有ではないので土地の取得税や固定資産税を払わなくて良いことです。また、更地を契約するよりかは安く土地を手に入れることができます。
【借りる方のデメリット】デメリットは、所有名義が自分ではないことです。これによって各種優遇を受けられない場合があります。
このように底地にはさまざまなメリット・デメリットがあります。これを踏まえた上で土地を探して頂ければ幸いです。

底地の評価額

底地とは、土地の上に何かしらの利用権(例えば借地権)が付いている場合の土地自体のことをいいます。土地の上の利用権者(借主である借地権者)と土地自体の所有権者(土地の貸主)が異なるため、底地は複雑な法律関係をもたらす原因となっています。それゆえ、完全な所有権、すなわち土地の上に何かしらの利用権が付いていない土地の評価額に比べて、所有権のうち土地を利用するという権限が制約された底地の評価額は、非常に低いです。
底地の市場価格は更地価格の10%にも満たないと言われています。地代もかなり安いです。例えば、1坪500円、50坪の土地を貸しても、毎月の地代はたったの25,000円です。その収益から固定資産税や都市計画税などを払うとなると、人に貸している意味を考えてしまうほどです。
しかし、低廉な評価額の底地だからこそ、ビジネスにもなっています。底地買い取りを専門に行っている不動産会社が、底地所有者から底地を安く買い、借地権者(土地の借主)に対して買い取ってもらうということも行われています。もし、借地権者が買い取らず、底地を買い取った業者が第三者に転売したとなると、さらに法律関係は複雑になっていきます。

大きい家

底地とは

不動産用語の一つに、底地という言葉があります。我々には馴染みのない言葉かもしれませんが、不動産関連の何かを行う際にはたまに耳にする言葉なので、覚えておいて損はないでしょう。特に、土地を所有されて…

more
住宅地

引き取り手が見つからないことも

底地は多くのデメリットもあります。借地料が多くの場合借地権設定当時の価格に抑えられてることが多くて、その状態が今、将来に亘り継続することが予想され、台風や地震など自然災害で底地に土砂崩れが起きた…

more
TOP