底地

底地についてのわかりやすい特徴とお互いのメリットデメリット

引き取り手が見つからないことも

住宅地

底地は多くのデメリットもあります。借地料が多くの場合借地権設定当時の価格に抑えられてることが多くて、その状態が今、将来に亘り継続することが予想され、台風や地震など自然災害で底地に土砂崩れが起きたときは原則底地権者の負担において、補修する必要が出てきますが、これに多額費用を要することもあって、借地料が低廉なら貸すほど損といった事態になることもあります。
そこで保持してるだけでデメリットが大きいので手放そうと思っても底地取得希望する方はほとんどおらず、流通性も乏しくて引き取り手がみつけられないことがあります。多くは一般消費者が底地引き取り手になるのは少なく業者に売却することが多くて、極めて低廉な価格で売ることになります。
借地権は昔に設定されてることで、現代の土地利用額と借地料の間に経済価値のかい離が起きていても、底地は今の固定資産評価額で評価されて実際の借地料収取権で実質に比して相続税評価額が高額評価される傾向にあります。かりに複数相続人で想像したら底地を複数人で共有することになって不動産で共有発生すれば売却など処分するとき全員の同意が必要になってきたり、相続人過半数の同意が必要になったりします。これによって相続税支払いが困難になったりすることもあります。

大きい家

底地とは

不動産用語の一つに、底地という言葉があります。我々には馴染みのない言葉かもしれませんが、不動産関連の何かを行う際にはたまに耳にする言葉なので、覚えておいて損はないでしょう。特に、土地を所有されて…

more
住宅地

引き取り手が見つからないことも

底地は多くのデメリットもあります。借地料が多くの場合借地権設定当時の価格に抑えられてることが多くて、その状態が今、将来に亘り継続することが予想され、台風や地震など自然災害で底地に土砂崩れが起きた…

more
TOP