底地

底地についてのわかりやすい特徴とお互いのメリットデメリット

底地とは

大きい家

不動産用語の一つに、底地という言葉があります。我々には馴染みのない言葉かもしれませんが、不動産関連の何かを行う際にはたまに耳にする言葉なので、覚えておいて損はないでしょう。特に、土地を所有されている方にとっては重要なワードとなるため、意味は必ず押さえておきたいところです。
底地とは、第三者に対して土地を貸している所有者が、それにより収入を得ている場合に発生する収益を指します。使用しているのは別の人物ですが、土地の所有権を持っている人物に収入が入るこの一連の流れこそが底地の肝なのです。また、土地を貸している場合、そこに底地権が発生していることも押さえておきましょう。
なぜこの言葉が重要になるのかというと、このように使用者と所有者がバラけていることで土地の価値が下がる可能性があるのです。複雑な権利の下成り立っている土地は、敬遠されやすく土地収入に支障をきたす可能性があるのです。
底地とは以上の事柄を指しますが、少し触れたようにややこしい一面を持っていることは間違いありません。土地本来の価値を失っている可能性も知らず知らずのうちにありえるため、何らかの土地を所有し貸し出している場合には見直してみると良いでしょう。

大きい家

底地とは

不動産用語の一つに、底地という言葉があります。我々には馴染みのない言葉かもしれませんが、不動産関連の何かを行う際にはたまに耳にする言葉なので、覚えておいて損はないでしょう。特に、土地を所有されて…

more
住宅地

引き取り手が見つからないことも

底地は多くのデメリットもあります。借地料が多くの場合借地権設定当時の価格に抑えられてることが多くて、その状態が今、将来に亘り継続することが予想され、台風や地震など自然災害で底地に土砂崩れが起きた…

more
TOP