底地

底地についてのわかりやすい特徴とお互いのメリットデメリット

所有者が悩むことについて

綺麗な家

底地検は長期契約期間が予定されていて借地法により借地権者保護が図られます。たとえ長期の契約期間が満了しても低地権者が土地へ返還してもらうには正当事由が求められます。底地権は長期契約期間が予定されて借地法により借地権者保護も図られます。底地固定資産税上昇した、底地時価上昇、近隣相場と比較し底地料が低いなど事情が発生したら、速やかに借地権者と交渉し借地料を増額してもらうことになります。
ですが、借地権者の権利意識が高まっている昨今は、素直に借地料の増額に応じるとは考えられないです。交渉決裂すれば底地権者は、借地料増額調停を簡易裁判所に申したてる必要が出てきます。借りに調停成立しなければ底地権者は地方裁判所に借地料増額訴訟を起こす必要があり、訴訟は不動産鑑定士による鑑定がされて判決で適正賃料が決定されます。
底地所有者が直面する悩みで、借地人との間で契約書を作ってない結果機関の定めない契約とみなされ長期の賃貸が予定されること。その長期の間相続によって代替わりにより借地権者の顔が見えなくて借地権者がだれかを把握しきれないなどが挙げられます。契約書があっても古い契約書なら、実際面積とかい離が生まれることもあり得ます。

大きい家

底地とは

不動産用語の一つに、底地という言葉があります。我々には馴染みのない言葉かもしれませんが、不動産関連の何かを行う際にはたまに耳にする言葉なので、覚えておいて損はないでしょう。特に、土地を所有されて…

more
住宅地

引き取り手が見つからないことも

底地は多くのデメリットもあります。借地料が多くの場合借地権設定当時の価格に抑えられてることが多くて、その状態が今、将来に亘り継続することが予想され、台風や地震など自然災害で底地に土砂崩れが起きた…

more
TOP